上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これから自分用に、メモがわりに<トレード手法>について時々書いていきたいと思います。
(あくまで、私の考え方なので、それが正しいかどうかはわかりません)


トレード手法自体は以前書いたものと基本は大きく変わっていません。
変化したとすると、今は主に東証一部の銘柄がメインになったこと。
比較的、安定して出来高のあるものをトレードしたくて、そうなってしまったわけです。


今回は考え方について

①性格に合ったトレード手法と時間軸
努力とか、修行?とかで自分を変えることなく、無理をすることなく、素で、そのままでできるトレードのことです。

以前は自分を変えようとしたんですよね。
あの人みたいなトレードがしたい
あの人みたいに大きな金額を動かしたい
そう思って、自分をトレードに合わせるように変える努力をしてみたんです。
でも、ちょっとは変わったけどあんまり変わらなかった。
そして、少し変わっても時間がたつと元に戻ってしまう。
大金を持越しすると眠りが浅くなるし、休日も株のことが気になって楽しめないし、人生を充実するためにはじめたのに、人生が株に振り回される始末。
結局、「気が小さい自分」というのは、どうにも変わらなかったわけです。

そして私の場合、基本的に自分自身の根本的なことは変えるのは難しいし、一時変わったとしても、長時間たつと元に戻ってしまう、という結論が出ました。
そこで考えたのが、じゃあ何も変えなくてもできるトレードスタイルを作ろう!
ということでした。
トレードが終了したら、もうトレードのことを忘れてしまうくらいの金額は?時間軸は?
自分が信用できて、自信を持ってできるトレード手法は?
そうやって、少しずつ今のスタイルになってきました。

金額は少なめ。
できるだけデイトレードで完結。
90%くらいいけると思わなければトレードはしない。
1日中トレードできる場面がなければその日は何もしない。それもよし。
損切はあっさりする。

今はトレードに生活が喰われるのではなく、生活の一部にトレードがあるという感じになりました。
そしたら心にゆとりもできたのか、大損しなくなりました。



②努力は勉強と下調べで
自分自身を変える努力がうまくいかなかった私は、勉強することに時間を使うようになりました。

何を勉強したかというと、チャート分析の基本をもう一度やり直しました。
ローソク足、移動平均線、出来高・・・
本当に基本の基本からはじめました。
だから今も、私のトレードは移動平均線が中心的役割を担っています。
Simple is best です。

あと、先日のような大暴落があった時などは20年くらいチャートをさかのぼって同じような場面を探します。
そして、自分なりの確率と統計で動きます。
うまくいかなかったら損切りするだけ。
感情で動かないので、精神的にとても楽です。


③トレード依存症にならない工夫・欲求のコントロール

依存症と言うと大げさですが、誰しも何かに依存しながら生きているもの。
バランスがコントロールできているうちはいいのですが、コントロールできなくなるとちょっと厄介です。
24時間そのことが気になって、頭に浮かんでしまうのは依存の入り口なのだそうです。
株の場合は土日と2日間お休みが入るので依存症にはなりにくいみたいですが、それでも心の弱い私は平日にあえて株から離れる日をつくるようにしています。
お酒は飲みませんが、休肝日みたいなものです。
実は、オークションをはじめたのもその辺が少し関係しています。
今はオークションというやるべきことが他にもあるので、1つに集中しなくなることで、よりクールダウンする時間が持てています。

株をやっていると、多くの人が経験すると思うのですが、大勝した後になぜか大負けしてしまった・・・
ありませんか?
あれは、大勝すると脳内に快感物質のドーパミンがどばーっと出で、気持ちいいわけです。
そして、一度その「気持ちよさ」を味わうと、脳がまたそれを無意識にほしがるわけです。
で、ついやらなくていいことまでやってしまう、ということらしいです。
あとで冷静になって考えると、熱くなっていたな とか、冷静じゃなかったな と、私も反省したわけですが、この脳の仕組みを知ってから、それに対処できるようになりました。
いつもより大きめに利益が出たら次の日は張り切るのをやめて(笑)、通常より厳しい制限を作ってトレードします。
制限の必要性をわかっているので、ちゃんと守れます。


今日はここまで。
続きはまた



↓ブログランキング参加してます。応援ありがとうございます。

株式 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Q&A ②

コメント欄に質問いただいたので、記事にして残しておこうと思います。


● コツコツ1ティック2ティック取る、そのやり方、教えてください。


教えたいのですが、今回のは株の個別のクセを知って取ってるやり方だから文章にするの難しいんです。
現在、常に監視してる銘柄がメインで20くらいあるんですが、ひとつひとつ全部クセが違うんです・・・


例えば、任天堂の5分足と板とその時の先物、ドル円、ダウを比較しながら見てると、次にどう動くのか、クセがだんだんわかってきます。
ちなみに任天堂の場合は5日見ていたらなんとなくわかってきました。

こういう条件がそろった時にチャートがこうなると上に行きやすい、とか
こういう条件がそろった時に板がこうなると上だ、とか
そういうパターンみたいなのが見えてきます。

で、そういうクセのわかる銘柄を20株くらい用意しておくと、どれかにパターンが現れるので、そこを取った感じです。


わかりにくい説明ですね・・・
ごめんなさい。


ひとつ言えるのは、毎日同じ株の値動きを見てるとその株のクセがわかってくる・・・ってことでしょうかね。
それは日経平均にも言えることですね。


もしかしたら他にいい方法があるのかもしれません。
画期的な手法もあるかもしれません。
でも、今の私はこういった地道な作業を行った上でのやり方を組み合わせる方法しか知らないんですよ。


Q&A ①

最近、質問などもらうのでここでまとめておこうと思います。

なぜ損が少ないのですか。
確実な取引が多いですよね。

といった感じの疑問。
お答えになるかどうかわかりませんが、ちょっと書いてみたいと思います。
確かに、いろんなブログを見せていただいてると、私の損は少ない気がします。
ただ、利益も少ないですが(笑)


まず第一に、確実な所しか入らないということです。
いけるかなどうかなという場合、絶対入りません。
現在は、いける!っていう条件が3つ以上あるときしか入ってません。
例えば、先物のチャートよし、為替のチャートよし、その状態で例えば日立金属だったら日足のチャートよし、5分足よし、それでやっと買い(売り)という感じです。
だから、一日にチャンスが全くないこともあります。
でも、チャンスがあったときは迷いなくいけます。


第二に、少し前に基本中の基本を勉強し直したことが役に立っています。

ダウ理論
グランビルの法則

などです。
例えば移動平均線。
皆さんもよく知ってると思いますが、これがどういう計算でできていて、どういう傾向があるか、期間は何が理想的か、など本当に基本的なことをもう一度勉強したんです。

もちろん株は、ダウ理論、グランビルの法則通りにはうまく動いてくれませんが
これをふまえて個別株のクセを見ると、危ない場所はわかりやすくなってきます。



利益も得てないくせになんだか小うるさくてごめんなさい。

続きはまた

最近、似た感じの質問をいただくので、こちらに残しておこうと思います。
私なんかの知識が役に立つのかわからないですが
少しでもお力になれればうれしいです。

ただ、相変わらず日本語下手の言葉足らずのみずかですので
わかりにくい表現など、その辺は大目に見てくださいね。

それから、私のトレードはよく変化します。
スキャルピングというスタイルは変わりませんが、
基本的に銘柄のクセを見つけて、それに合わせるトレードなので
銘柄でやり方は変化しますし、順張り、逆張り、買い、売り、両建て、いろいろやります。
なので、一ヶ月前と言っていることが変わったりしているかもしれません。
(自分では意識してないんですが・・・)
そんなところもお許しください!



●板についてはどうトレードに使っていますか?

例えば「日製鋼」で言うと、最近は出来高が少なく、チャートが機能しない場面も出てきています。
以前は移動平均線重視でしたが、今は板めちゃめちゃ重視です!
一般的に「板読み」と言われる方法は私にはよくわからないんですが
先物の板を合わせて見ています。
先物の板がどんどん食われだしたら買い!みたいな感じです。
ただ、連動しないこともあるのでその時は損切りになります。

あとは、これは絶対見せ板だとわかるときがあります。
(毎日同じ銘柄を見ているとわかるようになってきます)
場合によっては、その板に買いをぶつけたりすることもあります。

私が最近やってるのはそんな感じでしょうか。
すみませんっ、普通すぎる答えで。



●売買履歴を教えてほしいのですが・・・

結論から言うと、たぶんのせないと思います。
何度も同じ話になってしまって恐縮ですが、
けっこう手間がかかるので、ドライアイの私にはちょっとつらいです。
トレードが終わるとへとへとなので・・・
(利益少ないですが、それでもやっぱり疲れます)

ブログはこれを通じて知り合った方もいますし、愛着もあるので
続けていきたいと思っています。
それには無理せず自分のペースで行くのがいいと思ってます。
それから他にもいくか理由があります。
件数がかなり多い
上にも書いてますが、最近チャートで売買していないので見た人の参考にならない
(その時の板状況で売買しています)
記録はノートに手書きでしているのでブログは記録用ではない
などです。

もし、体調や時間に余裕が出てきたらもう少し内容を充実させたいと思ってます。
今はこのペース、内容で許してもらえないでしょうか?



今日はこんなところで・・・・
また余裕のあるときに更新します~


トールローズ水菜さんへ


水菜さんも中国株買ってたんですね。
あのきれいな右肩上がりの相場、また味わってみたいものですよね。

ところで、こちらで昨日の質問に答えさせていただきますね。
最近似た感じの質問も何度かいただいていることですし、記事として残してみようと思います。



■数ある銘柄の中からどうやって監視銘柄を選び出しているのですか?

私はデイトレードがほとんどで、スキャルピングが基本なので、場中に値動きのある銘柄がやりやすいと感じます。
結果、マザーズ、ヘラクレスの売買がやりやすいです。
マザーズ、ヘラクレスの出来高が多い銘柄で、場中値動きがある銘柄、というと大体しぼられてきます。
それらを全てツールの銘柄リストに入れています。
その中から日足チャートを考慮して、メインで20銘柄、サブで20~40銘柄を選んでおき、朝の気配などを考慮してさらにしぼっています。
そして、できるだけ日中足が右肩上がりの銘柄に入るようにしています。
(大変な作業のように思われるかもしれませんが、実際やってみると、いつも同じような銘柄に結局なるので、毎日はしなくなりました)

その他では、材料銘柄も銘柄リストに入れています。
例えば、今日の東芝がそうです。
私の日記に時々珍しい銘柄が出てくるのはそれでなんですよ。

あと、私は上場したばかりのIPOと、かなり過熱感のある銘柄(何日もS高しているとか)は売買しないことにしています。
何度も痛い目に合いましたので・・・(笑)



■現在の投資スタイルに行き着くのに参考になった事やオススメの本などございましたら教えていただけませんでしょうか。

実は私、株の本はほとんど読まないんです。
最初のころ、基本的なことが書かれているのを数冊読んだくらいでしょうか・・・。
あっ、でも「デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術」は持ってます。

本もいいのですが、ブログがものすごく勉強になります。
いいブログはたくさんあるのですが、手法によって参考になるもの、ならないものがある気がするので、すごくおすすめのものをひとつ紹介します。
デイトレーダー生存率向上ブログ
ここは、心理的なことも、具体的な手法も書かれてます。
どうしたら安定的に利益が出せるか、どうしたらそれが継続できるか、私に足りないことが全て書かれてました。
目から鱗が100枚くらい落ちた感じでしたよ。
ぜひぜひ読んでみてください!!
(もし、知っていたらごめんなさい)


・・・・こんな感じですが、質問の答えになっているでしょうか。
トレードって感覚的なことが多いので、それを文章で表現することは私にはすごく難しいので、答えになってない部分もあるかもしれませんが、またなにかあれば気楽にきいてくださいね。

私は努力は必ず報われると思っていますよ。
ご一緒に成長していきましょうね

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。